TOP > 会社沿革
社内トピックス
関連会社



昭和40年  4月 有限会社日本栄養給食協会を設立する。
昭和42年  7月 宇都宮市内の診療所の給食受託を開始する。
昭和56年  6月 サンシーサービス株式会社を設立する。
昭和61年  3月
       8月
厚生省の通知により、基準給食の受託が開始する。
栃木県立がんセンターの患者給食を受託する。
平成元年  8月
      10月
患者給食受託の専門会社として分社独立する。
栃木県立岡本台病院の患者給食を受託する。      
平成 3年  4月 株式会社タークを設立する。
平成 3年  5月 社会福祉法人の施設給食を受託する。
平成 4年  1月
12月
デリバリーサービス業務を開始する。
代表取締役高久全輔死去により、橋本正行が新代表取締役に
就任する。
平成 5年  2月 保育園園児の給食を開始する。
平成 6年  4月
7月
9月
11月
パーティーケータリング業務を開始する。
宅配治療食業務を開始する。
外来透析弁当の販売を開始する。
老人保健施設の入所者の給食を受託する。
平成 8年  4月 宇都宮市の学校給食(中学校)業務を受託する。
平成11年  4月
       
10月
特別養護老人ホームの給食を受託する。
ケアハウスの給食を受託する。  
佐野営業所を開設する。
平成13年  4月 ケータリングセンターを開設する。
平成14年  4月 宇都宮市の学校給食(小学校)業務を受託する。
平成16年  7月
特定労働者人材派遣業務を申請し許認可取得する。
特定労働者人材派遣業務開始し取引を開始する。
平成18年  3月
.
栃木県内初・石窯使用のパンベーカリー店「パンデパルク」を
宇都宮駅東地区に出店する。
平成18年  4月 佐野キッチンを開設する。
平成18年 12月 「パンデパルク」が平成18年度宇都宮市まちなみ景観賞を受賞する。
平成19年  5月 とちぎ健康21協力店に登録する。
平成19年  7月 有限会社アトムに出資、子会社とする。
平成20年  3月 「宮っこ食育応援団」に参加、活動する。
平成21年  6月 パンデパルク2号店として、宇都宮市インターパークカトレア
ガーデン内に「パンデパルク遊」を出店する。
平成22年  1月 芳賀町に食品リサイクル工場「エコ・ファームHAGA」が認可される。
平成22年  6月 農業生産法人活轤ュんファームを設立する。
平成22年 12月 平成22年度マロニエECO事業所表彰【フードマイレージ削減部門】で
特別賞を受賞する。
平成23年  1月 「美適食彩ヘルシー弁当」が第3回地産地消給食等メニューコンテスト
【外食・弁当部門】で農林水産省生産局長賞を受賞する。
平成23年  3月 パンデパルク3号店として、下野市道の駅しもつけ内に
「パンデパルク逢」を出店する。
平成24年 7月 食品事業部を設立する。
下野市に食品製造工場を開設する。
平成25年 8月 川田町にサン・エールキッチンを開設する。
平成26年 3月 NPO法人ひとつの花を設立する。
平成27年 4月 パンデパルク4号店として、農産直売所あぜみち上戸祭店内に
「専門パン工房パンデパルク伴」を出店する。
平成27年 7月 サン・エールキッチンが「とちぎハサップ」を取得する。
平成28年 10月 食品事業部「匠選極ソフトもめん豆腐」が第2回全国豆腐品評会で
農林水産大臣賞を受賞する。
平成29年 10月 食品事業部「匠選寄せ豆腐」が第3回全国豆腐品評会
寄せ/おぼろ豆腐部門で銀賞 全農賞を受賞する。