ケータリング事業のビジョン

給食分野においての労働人員不足を補う対策の一環として真空調理やクックチルなどを活用して生産効率を上げ少人数で賄えるシステムを確立して行く。
少子高齢化が進んでいる社会環境の中で、独居老人世帯が多くなり体力的に食材の確保や調理が出来ず日常生活に困っている高齢者の食に関わる支援体制を確立して行く。

ケータリング事業の考え方

労働人口減少に伴ない人材不足を補うための新調理システムは、品質向上を図り、院内調理のレベルに匹敵するサービスを目指す。
高齢者向けの食事サービスや増加傾向にある食物アレルギーに対する食事サービスの充実を図り社会ニーズに応えて行く。

ケータリング事業の仕事内容

真空調理やクックチル方式の料理を給食施設へ供給して、人員不足を補う施策の一環として提供している。
病院に入院治療していた患者様が退院後も病態に合わせた食事摂取が必要である方へその病態に合わせた治療食を毎日提供する宅配治療食サービスを行っている。この宅配治療食は、出来るだけお客様の容態にあった食事を調整している。宇都宮市が取り組んでいる高齢者への配食サービスの支援事業として毎日自宅へ配食を行っている。同時に独居老人の安否確認も行って離れて暮らす家族への安心にも寄与している。
会議や行事時に必要なお弁当を地元産食材を使用して安心安全で美味しいお弁当の製造供給している。
幼稚園の園児食をお弁当形式で安全安心で美味しい食事として配食サービスを行っている。
竣工式や記念式典等イベントに即した各種パーティー料理のケータリングを提供している。