TOP >健康一口メモ> 便秘予防
社内トピックス
関連会社

 
 
便秘予防の食事について
@1日3食、規則正しい食事をとりましょう

食事の量が少ないと便の量が減ってしまいます。特に朝ごはんを食べる習慣は快便につながります。

A腸を刺激する食べ物を積極的にとりましょう
食物繊維の多い食品・・・便がたくさん出るようになります。
(ただし、痙攣性便秘の場合は控えます)
冷たい飲み物(牛乳や水など)・・・腸が刺激されます。

ビフィズス菌(ヨーグルト)・・・整腸作用があります。

ガスの発生しやすい食品(芋・豆など)・・・腸の動きが活発になります。
(ただし、痙攣性便秘の場合は控えます)

 
食物繊維は大きく分けて2種類あります。    
 
 
 
 
材料
精白米 70.0 g
ごぼう 30.0 g
切り干し大根 6.0 g
だしの素 0.3 g
みりん 2.0 g
2.0 g
みそ 6.0 g
グリンピース 5.0 g
紅しょうが 5.0 g
作り方
@ 切干大根は水で戻し、1p幅に切る。
ごぼうは笹がきにして水にさらす。
A @を調味料で煮て冷まし、煮汁と具に分ける。
B 米を研ぎ炊飯釜に入れ、Aの煮汁と
水を入れて、浸水させてから炊く。
C 炊きあがったら、Aの具を混ぜ、茹でた
グリンピースと紅しょうがを飾る。
 【エネルギー310Kcal 食物繊維3.9g】

材料
豚挽肉 50.0 g
たまねぎ 30.0 g
生しいたけ 10.0 g
たけのこ水煮 20.0 g
干ひじき 2.0 g
1.0 g
しお、こしょう 0.3 g
おから 30.0 g
10.0 g
パン粉 3.0 g
おろししょうが 0.5 g
ナツメグ 0.1 g
2.0 g
作り方
@ ひじきは水で戻し、ざく切りにする。
A たまねぎ・生しいたけ・たけのこはみじん切り
にし、@も一緒に油で炒め、しお・こしょう
をして冷ましておく。
B ボールに卵・パン粉・調味料を混ぜ合わせ、
挽肉・おから、Aを加えてよくこねる。
C フライパンに油を熱し、Bを小判形にして焼く。
 【エネルギー220Kcal 食物繊維6.0g】

材料
かぼちゃ 30.0 g
さつまいも 30.0 g
ビーンズミックス 20.0 g
マヨネーズ 8.0 g
ヨーグルト 3.0 g
しお、こしょう 0.1 g
サラダ菜 5.0 g
作り方
@ かぼちゃ・さつま芋は1cm角切りにして
茹でて冷ます。
A ビーンズミックスは茹でて冷ます。
B マヨネーズとヨーグルトを混ぜる。
C @とAを混ぜ合わせ、Bとしお、こしょうで
味を調える。
D サラダ菜を敷いた器にCを盛り付ける。
 【エネルギー154Kcal 食物繊維4.0g】